2012年03月31日

3号機の核燃料プールには核燃料が 一つしか確認できない

ビデオで見る限り、3号機の核燃料プールには核燃料が一つしか確認できない。





http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-674.html


福島3号機保管核燃料棒一束しか確認出来ず!核燃料即発臨界爆発原因? 7/1




はいっ、Fairewindsのガンダーセンです。

前回ビデオをupdateしてから3週間位経ちましたが、その間、私と妻のマギーは、マサチューセッツで公演、TVやラジオ出演、-雑誌のインタヴューを受けました。
その為ビデオのupdateが出来ませんでした。
昨夜起きたことを報告します。

イアン・ゴダード氏からEメールを貰いました。
イアンは、このサイトを長期間視聴しており、また福島事故のすぐれた解析をしています。

イアンは、TEPCO(東電)の総てのビデオを点検してみました。
東電は第3号機燃料プールに1度だけ入りビデオを撮りました。

ご存じのように、3号機は原発事故の際に水素爆発(と即発臨界爆発)を起こしました。
ビデオは多くのダメージを映し出しています。

一か所からの映像ですが、明らかに破壊されており、引き揚げ操作用の"ハンドル付"BWR核燃料棒が残存していることが見えます。

4号機プールのハンドル付核燃料棒の整然-とした状態と比べると、多くの専門家が認めているように"1束のハンドル"しか映っていません。

ここで、この疑問に対する回答が欲しくなってきますね。

まず最初に、多くのハンドル付核燃料棒があるべきです。
しかし、1束のハンドル付核燃料棒しか映っていません。

では残りの核燃料棒は何処に消えたのでしょうか?

もう一つの疑問は、25-30フィートの高さの水のはずです。
しかし、そうならずに表面に近い水深になってます。

では、核燃料棒には何が起こり、プールの水深基準はどうなのか?
なぜ表面近くまで水深が来ているのか?

本当にイアン・ゴダード氏の考察に感謝しています。
皆さんからなにか質問やコメント、どうなっているのかなどの質問がございましたら、FairewindsのHPのコメントセクションにEメールをお送りください。
ありがとうございました。またご報告致します。
-END-
posted by クリスアーム at 14:41| 陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。