2012年04月02日

リラ人という異性人が人間を作り出したという仮説!

人間はリラ人という異性人が作り出したという仮説。
仮説で真実は絶対にわかりませんが、異性人ノルディック=リラ人(身長10m)が遺伝子操作で人間を作り出した。遺伝子操作は何回も、何千万年も経てそして人間が作られた。
そのため巨人の骨が世界で発掘されている。
巨人伝説が今でも神話として世界中に存在している。
地球ができて46億年、最近UFOのニュースがよく聞かれますが、100年に1回UFOが来たと仮定しても、単純に4千万回は異性人が来ているということになります。
その異性人が現代の人類でも可能な遺伝子操作をしても不思議はないと思われます。
偶然に猿から人間に進化したというより、確率が高いと思います。


地球人のエバという女性と、進化の進んだリラ人の遺伝子を掛け合わせて、高い知性を持つ地球人を作ろうと試みたんだよ。
その結果出来あがったのが、アダムなんだ。
アダムとは、リラ人の言葉で「地球人」という意味なんだけどね。
金髪で青い目の男性で、5メートルの背丈だったそうだよ。
リラ人って、10メートル近い巨人族だからね。
この実験に成功したもんだから、次にイブという女性を作ったんだ。

背丈って、住む惑星の重力によって変わってくるそうだから、長い年月のうちに現在の2メートル弱に
落ち着いたんではないのかな。


巨人の骨そして異性人の骨?が存在する






http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/6802/ufo_001.htm


こんにちわ、FineBellです。

僕の趣味は、宇宙関連の本を読みあさる事なのです。
天文学じゃないよ、宇宙人からのコンタクト情報が、為になるから好きなのです。
プレアデス星からの地球の歴史に関する情報「プレアデス・ミッション(たま出版)」、ウンモ星からの科学技術情報「宇宙人ユミットからの手紙(徳間書店)」、エササニ星からの心の進化に役立つ情報「バシャール(VOICE社)」、そして「神との対話(サンマーク出版)」などが特に好きですね。
なぜ、そんなに興味を惹かれるのかって?
それは、彼らが地球人よりも上の次元(つまり上級生)にいて、精神的にも知識的にも進んだ存在だからなのです。
彼らが教えてくれる知識をベースにすると、地球上の超常現象とか未解決の問題とか謎といわれているものが、スンナリと解けていくからなのです。
この手の話題に興味を惹かれてから20年はたっていますから、目につくものはほとんど読んだと思います。
そして、自分の中で消化して、自分なりの考えが今では持てるようになりました。


地球人の祖先というか、アダムとイブについて知りたいなぁ・・・
(^−^#)ふふ、大切な問題だから、話すと長くなりそうだけどね。
地球人って、地球上で自然に発生したもんじゃないんだよ。
もちろん、猿から進化したものでもないよ。
宇宙から来た人達が、地球の環境(空気の濃度とか重力の違いなど)に適応出来るように、地球にいた猿人の遺伝子をもらって、自分達の遺伝子に組み込んだという歴史があったんだよ。
最初に地球に移住したのが、現在のプレアデス人の祖先(古代リラ人の1グループ)なんだけど、彼らは自分の故郷の環境との違いを克服する為に、猿人の遺伝子を利用したんだ。
次にやって来たのが別のリラ人のグループなんだけど、彼らの科学者は、更に研究を進めて、自分達の遺伝子と猿人の遺伝子を掛け合わせて新しい地球人を作る研究をしたんだよ。
でも、あんまり出来のいい地球人は出来なかったみたいなんだ。
そういう歴史が、すごい昔に前提としてあった訳。
アトランティスから2200万年も昔の事なんだけどね。
そして、アトランティスの時代に、再びリラ人の科学者が同じ研究をしたんだよ。
今度は、かつて古代リラ人が作りかけた欠陥が残っている地球人を改良しようとする研究をね。
地球人のエバという女性と、進化の進んだリラ人の遺伝子を掛け合わせて、高い知性を持つ地球人を作ろうと試みたんだよ。
その結果出来あがったのが、アダムなんだ。
アダムとは、リラ人の言葉で「地球人」という意味なんだけどね。
金髪で青い目の男性で、5メートルの背丈だったそうだよ。
リラ人って、10メートル近い巨人族だからね。
この実験に成功したもんだから、次にイブという女性を作ったんだ。
そして、アダムとイブに子供を作らせて、その男の子にセスという名前を付けた。
つまり、セスが純粋な地球最初の新人類になったという訳なんだ。
だから、人間は猿人から進化したものではなくて、猿人の遺伝子を借用してリラ人によって作られたものと言う事になるんだよ。
でも、そのセスの子孫がどの民族に当たるのかは書いてなかったから、僕も知らないけどね。
背丈って、住む惑星の重力によって変わってくるそうだから、長い年月のうちに現在の2メートル弱に
落ち着いたんではないのかな。
これがアダムとイブ伝説の元になっているんだよ。
ちっともロマンチックなんかじゃないでしょ?(^−^#)ふふ



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E4%BA%BA
空想上の宇宙人や、目撃されたと主張される宇宙人の分類 [編集]

1938年のアメリカではH・G・ウェルズのサイエンス・フィクションに基づいた『ラジオドラマ』で火星人の襲来やアメリカ軍との交戦の模様などをあたかも現実のニュース風に放送したところ、それを現実の報道と勘違いした人々がパニックを起こすという事件も起こった。
また、「疑似科学」「似非科学」と見られている諸説の中には、宇宙人の存在にまつわるものが数多く存在する。アメリカネバダ州の軍用地「エリア51(en:Area_51)」には墜落した異星人の宇宙船が格納されており、宇宙人とのコンタクトがあったが政府はそれを軍事機密にしている、とする説は比較的広く知られている(これをストーリーに取り入れた作品に映画『インデペンデンス・デイ』等がある)。
火星人 [編集]
火星に知的生命がいるという説はイマヌエル・カントなどが支持していたが、19世紀末、パーシヴァル・ローウェルは火星に運河を発見したと主張し、これが知的生命体によるものだと考えた。これは前述のH・G・ウェルズによる小説『宇宙戦争』にも影響を与え、さらに『宇宙戦争』に登場した火星人の姿であるタコの様なイメージが広く知れ渡り、のちのフィクション作品にも同様の姿の火星人が多数登場している。
しかしその後の研究によって火星の環境が極めて苛酷である事が判り、知性を持った高等な生命体が生息する可能性が低いことが判明した。
しかし、太古火星にも川や海があり、温暖で湿潤な時代もあった痕跡が発見され、火星に生命が存在する(あるいは過去存在した)可能性はかなり高いと考えられている[要出典]。南極で発見された火星由来の隕石から「微生物の痕跡」と見られるものが発見されたり、火星の凍土層に細菌等の微生物が生存していることはあり得るという説[2]も提示されている。
金星人 [編集]
ジョージ・アダムスキーをはじめ、実際に金星人と出会ったという目撃談がいくつかあるが、金星の過酷な環境(摂氏400度、90気圧という高温高圧な環境である)から他の惑星と比べても生物は存在しにくいと考えられている。そのため、金星人に出会ったといっている目撃者の多くが、インチキではないかといわれている。実際、有名なジョージ・アダムスキーも、自身の撮影したUFOの写真がトリックだと判明している。地球人と同じ姿だが、やや鼻が大きいとされる。
一方で、火星同様金星もかつては生物が生息していたという説もある。
火星と並んで、フィクション作品に登場する事の多い宇宙人でもある。
グレイ [編集]
頭が大きく、フットボール型の目をした灰色の小さな人間型の「エイリアン」である。このような形態の宇宙人のことを多くの自称宇宙人研究家は「グレイ」と呼んでいる。基本的には人間と類似した形態であるが、鼻や眉や性器など体表面の隆起がほとんどない単純な外見となっている。様々な映像、漫画など創作に登場するため、そのイメージは広く流布している。アメリカのドラマ、アウターリミッツに登場した宇宙人が元ネタで、放送後この姿の宇宙人目撃談が発生/急増し、いまでは一般的な宇宙人の姿となっている。
このグレイと遭遇した、あるいはそうした存在によって誘拐(アブダクション)されたとする催眠による記憶遡行などによる体験談(アブダクションと呼ばれる)や目撃談もよく知られている。これらは偽記憶症候群とされる場合もある。
オレンジ [編集]
グレイと似た種の皮膚をしているが、皮膚の色はオレンジ色。また、身長もグレイより少し高く、最大で1m80cmといわれている。脳は4つに分かれているという情報もある。
レプティリアン [編集]
爬虫類のような姿をした凶悪な性格の人間型の「エイリアン」。人間に変身する能力があるらしくすでに政府要人や有名人などに成りすましているといわれている。その姿はアメリカのテレビドラマ『V』という作品に出てくる宇宙人“ビジター”と酷似しているという。
ノルディック [編集]
グレイやオレンジとは大きく異なり、外見は人間と見間違えてしまうほど、人間に似通っている。スカンジナビア半島の白人に似たような姿をしているといわれている。



http://hikari-ryu.269g.net/article/5599309.html

※ さて、アイク説ではシリウス人=アヌンナキと見ているし、日本訳もそうしている。アイクには光の存在の明確な把握は、少なくともこの時点(2001年)にはない。
私はプレアデスの情報から、またUFO研究家の情報から、古代研究家の情報から、語られてきた「ノルディック人」をリラ人だと考える。
アイクのこの本には、最初のページに大きく「王冠の左にライオン、右ににユニコーン」の像の写真がある。ロンドンシティの中心部に飾られた紋章とある。ライオンをアヌンナキに、ユニコーンを天使的宇宙人ノルディックとしている。
私は違う。ユニコーンは鎖でつながれていて、「天使的宇宙人」ならば尚更リラ人ではなく、光の存在が守護する地球を乗っ取った象徴である。しかもこのページの次には、「日本では天使的宇宙人ノルディック(一角獣)が勝利している!?」と、天皇家に伝わる紋章を載せてある。ノルディック人をリラ人と見れば「勝利」の意味が理解されるのではないか。
「ノルディック」は、NをMにすると「マルデック」になる。マルデックの歴史は短い。ルシファーが破壊したからだ。マルデックにリラ人の痕跡は認められない。しかし、マルデック星の前、人類は火星にいたことを考えなければならない。
そして、アヌンナキは地球に来て初めて太陽系に来たことになるが、リラ人はずっと人類に関係して来たことも見なければならない。
アイク説はこのあたりが混沌としている。しかし、シュメールより後の歴史においては、重要な視点を私たちに与えていることは事実だ。
ノルディック人はリラ人である。彼らは金髪碧眼種で人間によく似ている。オリオンから来た冷血な人は、彼らリラ人だ。
アイク説はプレアデスの情報によって、飛躍的に展開する力を秘めている。
posted by クリスアーム at 13:18| レプティリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。